銀行ローンにあって消費者金融には無いメリット

多くの人に利用されているカードローンは、消費者金融や信販会社だけでなく、銀行でも取り扱われています。銀行で受ける融資については、法律で定められている借り入れ金額の上限であり総量規制から除外されています。総量規制を越えていたとしても、銀行のカードローンなら、審査をクリアできさえすれば、問題なく借りられます。銀行ではローンの総量規制が適用されないという点から、通常のカードローンをおまとめローンとして利用することもできます。おまとめローンを組む時に、消費者金融会社から借り入れ様とすると総量規制の対象から外してもらえるように手続きをしますが、銀行はそもそも総量規制を気にしなくてもいいわけです。収入によって借入額が制限されることがないのが、銀行のカードローンの特徴だと言えます。カードローンはもちろん審査に通らないと利用できませんが、この審査の合格率で言うと、銀行のカードローンは消費者金融の約半分程度だというデータがあります。銀行の審査は基準が高めに設定されており、その癖申し込み書類の作成や証明書類の調達などは、手間がかかることが多いと言われています。借入時の金利を比べた場合、消費者金融の金利より、銀行金利のほうが低く設定されていることが近年少なくありません。消費者金融では多くの場合、最高金利は年利18%となっていますが、銀行では15%弱になっています。急ぎで現金を用意したくとも、銀行のカードローンを使おうとすると時間がかかってしまいます。長く利用することを考えている場合や高額の借り入れが必要な時には、銀行のカードローンを選んだ方が賢明と言えます。顔汗制汗剤サラフェの効果は本当なのか実際に試してみた