クレンジングジェルの種類によるメイク時の使い分けについて

様々なクレンジング剤が各メーカーから販売されていますので、一体どれを選択すればいいかわからないという人は多いようです。クレンジング剤はクリームやジェルを泡立てるタイプや、オイルを薄く塗るタイプなどがあります。肌をこすらずにメイク落としができることがクレンジングジェルを使う上では重要なポイントになります。クレンジングジェルはオイルフリーの水性と、オイルインの水性、そして油性の3つの種類が存在します。クレンジングジェルを選ぶ時は、落としたいメイクの種類で決める必要があります。普段からあまり濃い化粧をしない人は、洗う力が弱いクレンジング剤のほうがいいので、水性のオイルフリーがおすすめです。オイルインのクレンジングジェルのほうが、オイルフリーのクレンジングジェルよりメイク汚れを分解する力が強いので、メイクのタイプによってはこちらのほうが向いています。油性メイクによる汚れを溶かして浮かせることができるのは、油分の分解能力の高い油性のクレンジングジェルですので、しっかりメイクをする人には油性クレンジングジェルが向いています。たとえメイクがウォータープルーフで水には溶けないタイプでも、油性のクレンジングジェルなら問題ありません。配合されている成分で、クレンジングジェルの種類を見分けることができますので、購入前に調べてみましょう。もしも、成分表示の最初の部分に界面活性剤、または水と書いてあるクレンジングジェルがあれば、それは水性のクレンジングジェルです。油性のクレンジングジェルなら、成分表示に油性の成分が記載されているでしょう。ボンキュートで憧れのふっくらモテボディへ!

日焼け止めで徹底した紫外線対策でシミのない肌へ

お肌が紫外線にさらされ続けると肌老化を悪化させるため、紫外線対策は重要です。日やけ止めクリーム等を塗って肌の日焼けを予防することで、紫外線B波の作用を減らすことができます。屋内にいても、日中は紫外線対策が必要です。紫外線A波は窓越しに皮膚に影響を与えるため、気を抜くことはできません。春から夏にかけては紫外線の量が多くなりますので、特に紫外線対策に力を入れましょう。日が長い夏は、朝起きた時にすでに太陽は昇っていて、紫外線も降り注いでいます。紫外線対策を意識するなら、起きてすぐにカーテンや障子戸を開けては紫外線が入り放題です。紫外線から肌を守るためには、日やけ止めクリームを塗り終わるまではカーテンを開けないようにします。カーテンを開けて太陽の光を室内に入れるより前に、洗顔を済ませてスキンケアと日やけ止めクリームの使用を終わらせてしまいましょう。気軽に普段使いができるように、使いやすい日やけ止めクリームを売り出すメーカーもふえています。クリームを薄く伸ばせるものが人気がありますが、薄くつけすぎると紫外線対策効果も今一つです。つい日焼け止めを節約したくて薄く伸ばしているなら、きちんと説明書にある通りの厚さで使うようにしましょう。普段から、こまめに紫外線対策に取り組んでおくことで、肌の老化やたるみを防ぎ、美肌を維持することが可能です。しぴたんも愛用しているマシュマロヴィーナスでバストアップ