クレンジングジェルの種類によるメイク時の使い分けについて

様々なクレンジング剤が各メーカーから販売されていますので、一体どれを選択すればいいかわからないという人は多いようです。クレンジング剤はクリームやジェルを泡立てるタイプや、オイルを薄く塗るタイプなどがあります。肌をこすらずにメイク落としができることがクレンジングジェルを使う上では重要なポイントになります。クレンジングジェルはオイルフリーの水性と、オイルインの水性、そして油性の3つの種類が存在します。クレンジングジェルを選ぶ時は、落としたいメイクの種類で決める必要があります。普段からあまり濃い化粧をしない人は、洗う力が弱いクレンジング剤のほうがいいので、水性のオイルフリーがおすすめです。オイルインのクレンジングジェルのほうが、オイルフリーのクレンジングジェルよりメイク汚れを分解する力が強いので、メイクのタイプによってはこちらのほうが向いています。油性メイクによる汚れを溶かして浮かせることができるのは、油分の分解能力の高い油性のクレンジングジェルですので、しっかりメイクをする人には油性クレンジングジェルが向いています。たとえメイクがウォータープルーフで水には溶けないタイプでも、油性のクレンジングジェルなら問題ありません。配合されている成分で、クレンジングジェルの種類を見分けることができますので、購入前に調べてみましょう。もしも、成分表示の最初の部分に界面活性剤、または水と書いてあるクレンジングジェルがあれば、それは水性のクレンジングジェルです。油性のクレンジングジェルなら、成分表示に油性の成分が記載されているでしょう。ボンキュートで憧れのふっくらモテボディへ!